• keiichiroyamazaki

あき

雨のお盆が過ぎて暑い日が戻ってきたけれど、どこか違う。これまで過ごしてきた夏の激しさがわずかに薄れ、夜にはこれから訪れる秋の気配がほんのり感じられた。安堵はもちろん、同時に名残惜しさも相まって、複雑な心模様だった。


昔のひとはさかんに「秋」と「飽き」を掛けて和歌に織り込んできたけれど、飽きは意識のもとに自覚される充足とは限られず、過ぎゆくものごとの単なる変化と、そこにいる自分との間に生まれるひとつの作用なのかもしれない。その様が想像力を駆り立て、恋の終わりに見立た歌がたくさん生まれたのも当然と思う。

Michel Legrandにthe summer knowsという曲があるが、この「あき」の風情を見事に写し取った名曲だ。ヴォーカルでは明示的すぎるから楽器によるものがいいだろう。Art Farmerがすばらしい。同主のメジャーとマイナーを移ろいながら、たった28小節のテーマの中に恋の喜びと、秘密ゆえの後ろ暗さ、儚さ、折り合いのつけられぬ不安定さ、喪失感、終わりの安堵、あらゆる情緒が美しいひとつのメロディにまとめ上げられている。私は絶対音楽主義者で、音楽が描く「何か」は示される必要がないと思っているけれど、文句のつけようがないすばらしい仕事だ。

the summer knowsを直訳すれば「夏は知っている」となり、つまりは夏のほかに知るもののない秘密であることが暗に語られている。「おもいでの夏」というタイトル訳は、どう考えても、やはりひどい。

最新記事

すべて表示

次回個展

写真をやるようになったのは成り行きであって、特別前から興味があったわけではないし、今も特に好きではない。伝えたい思いなんかないし、残したい風景や人の思い出もない。あったとしてもそれは胸の中でよい。消えてしまってよい。そんな調子だから「写真をやっている」と一応は言うものの、いいかげんな嘘をついたようで、きまりが悪い。 それでも、十代の頃から自分が考えてきたこと、追い求めてきたものに近づく道がレンズの

備忘

小沢眞弓氏の個展。 これは、ブルゴーニュ、ヴォーヌロマネのような絵画。ひと目には長閑で穏やかで優しい風景、何ひとつこれ見よがしなところがないのに、豪華な額縁にまったく負けるところがない。そういえば、反対色ということか、サインは落ち着いたワインレッドで記されていた。 精緻すぎず、ぼかしすぎず、鮮やかすぎず、淡すぎず、厚くもなく、かといって薄塗りというわけでなく、リラックスした自然な構図で、固すぎず、

醍醐味

ホームラン王争いが40本を超える水準になると、やはり華やかだ。村上宗隆選手は一年目からとても好きだったけれど、思っていたよりもずっと早く、期待していたよりもずっと偉大な選手になってしまって驚くばかり。羽生結弦選手が出てきたときに似た感覚だ。頂点に至る選手というのはこういう鮮烈な現れかたをするのだなあとつくづく思う。 岡本和真選手だってもちろん立派だ。あまり派手ではないかもしれないけれどコンスタント

CONTACT

Thanks for submitting!